Englishお問い合わせ

03-6205-7930平日
10時~18時

アクセスニュース

サイト内検索

サイト内検索

弁護士等紹介

Professionals

ホーム > 弁護士等紹介
代表
アソシエイト
メンバー
顧問

代表弁護士 棚瀬 孝雄 (たなせ たかお)

主な経歴

  • 東京大学法学部 卒業
  • 名古屋大学法学部 助教授
  • 京都大学法学部教授 同名誉教授
  • 中央大学法科大学院教授
  • ハーバード・ロースクール客員教授
  • ミシガン大学客員教授
  • カリフォルニア大学客員教授
  • 棚瀬法律事務所 設立
  • 愛宕虎ノ門法律事務所に名称変更

大学卒業後、司法試験には合格していたものの法曹界に進まず、大学に残って研究助手になり、以後40年あまり、京都大学、ハーバード大学、中央大学などで教鞭を執りながら、とくに法の解釈や裁判手続、弁護士実務と、基礎的な法理論とを架橋し、法の深い洞察を得るための研究に打ち込みました。

大学教授から弁護士に転身した当初は、日本の監護法の現状を外国との比較で批判した論文が親子の切離しに苦しむ人の目に止まり、妻が心理学の立場から同じ問題に取り組んでいたこともあり、離婚と子どもに関する事件の依頼が多くきました。
その解決も、強い信念と使命感を持って取り組んできましたが、同時に、自分の得意とする国際法務や企業法務を本格的に行うために、日比谷に事務所を移しました。

私個人も、長年の研究で鍛えた分析力や比較法的知識を活かし、自ら、国内外の文献をリサーチして法的問題点を把握するとともに、解決のための理論構築を行いながら、熱心に案件に取り組んでいます。

著書・論文

  • 『契約法理と契約慣行』(弘文堂、2014)<編著>
  • 『司法制度の深層』(商事法務、2010)
  • 『現代の不法行為法』(有斐閣、1994)<編著>
  • 『本人訴訟の審理構造』(弘文堂、1988)
  • 『企業倒産の法理と運用』(棚瀬孝雄、伊藤眞共著、有斐閣、1979)

セミナー

  • SIBA主催 2017年12月5日開催
    「国際ビジネス紛争から学ぶ法務講座~物品売買取引~」
  • 一般社団法人横浜インドセンター主催 2017年4月12日開催
    「合弁(ジョイントベンチャー)によるインド参入戦略のポイント」
  • SIBA主催 2015年9月15日開催
    「インドビジネス戦略講座~税務・労務・法務を中心に~」
  • 日刊工業グローバルビジネスサポート主催 2015年5月26日開催
    「成長が期待されるインド環境ビジネスと法的枠組み」
  • 一般社団法人 東京経営者協会主催 2014年11月18日開催
    「インド進出におけるビジネス法務上の留意点」
  • 司法研修所主催 2011年12月1日開催
    「日米の契約解釈の違いー関係的契約の評価をめぐってー」

代表弁護士・税理士 木村 道哉 (きむら みちや)

主な経歴

  • 1978年 兵庫県神戸市生まれ
  • 私立灘高等学校、早稲田大学法学部、中央大学法科大学院卒業
  • ちば松戸法律事務所、IN CONTROL LEGAL SUPPORT SERVICES、税理士法人山田&パートナーズを経て
  • 2018年6月 棚瀬法律事務所にパートナーとして入所
  • 2020年9月 愛宕虎ノ門法律事務所 代表弁護士に就任

役職等

  • 一般財団法人 東美鑑定評価機構 監事
  • 一般社団法人 全国美術商連合会 監事
  • 株式会社東京美術倶楽部 顧問(著作権、鑑定委員会担当)
  • その他の企業顧問多数

著書・論文・セミナー

  • 「事例解説 租税弁護士が教える事業承継の法務と税務  相続・生前贈与・M&A・信託・社団・財団・国際」(日本加除出版、佐藤修二/監修、木村浩之・木村道哉/著)
  • 「国際相続の税務・手続 Q&A 第2版」(中央経済社、共著)
  • 「9つの頻出事例で論点を把握する 相続コンサルタントの問題解決マニュアル」(中央経済社、共著)
  • 「国際的事業再編における移転価格課税の問題について~所得相応性基準を中心として~」(中央大学法科大学院 研究特論)
  • 2019年12月19日 働き方改革研究センター・スクール第3回「HRビッグデータ及びAIを活用し、本質的なマネジメントを推進するためのAI原則・法制度とは?」に、パネリストとして参加
  • 2018年12月19日 文化庁・文化審議会著作権分科会国際小委員会(第2回)おいて、追及権導入について発表。
  • 2017年2月25日 早稲田大学において、早稲田大学知的財産法研究所主催シンポジウム「日本における追及権制度導入への道のり―追及権早稲田試案-」に、パネリストとして参加
  • 2017年2月11日 千葉商科大学で、ファイナンシャルプランナー向け研修講義
    「家族信託の最新実務」を担当
  • その他セミナー実績多数

アソシエイト

弁護士 本橋 典也 (もとはし ふみや)

主な経歴

  • 1992年東京都生まれ
  • 2011年中央大学附属高校卒業
  • 2015年中央大学法学部卒業
  • 2017年中央大学法科大学院卒業
  • 2019年都内法律事務所入所
  • 2020年愛宕虎ノ門法律事務所入所
メンバー

税理士 吉川 由里子 (よしかわ ゆりこ)


主な経歴

  • 千葉県生まれ
  • 山脇学園高等学校、埼玉大学経済学部経営学科卒業
  • 税理士法人山田&パートナーズで約10年間勤務
  • 2018年6月 アカマイ国際税理士事務所、棚瀬法律事務所(現 愛宕虎ノ門法律事務所)に入所

 

内部統制コンサルタント 上木 恒宏(じょうき つねひろ)

外資系コンサルティング会社ディレクタ職を経て、独立。
アイ・シー・エス合同会社を設立。同社代表社員社長。
コーポレートガバナンスおよび内部統制・内部監査を専門としています。
一方、中小企業診断士資格を有し、企業戦略の策定支援実績を持ち、「戦略とコーポレートガバナンス・内部統制の統合」をテーマにコンサルティングを実施しています。

早稲田大学会計大学院非常勤講師 日本貿易会内部統制連絡会講師を経験
公認内部監査人、内部統制評価指導士、中小企業診断士

役職等

  • 日本内部統制研究学会 正会員
  • 研究部会「改訂COSOがわが国に及ぼす影響」「小規模上場企業における内部統制」「長寿企業の内部統制」メンバー
  • COSO翻訳プロジェクトメンバー

著書・論文・セミナー

  • 「COSO 内部統制報告書改訂版がわが国に及ぼす影響」<共著>
  • 「小規模上場企業における内部統制」<共著>
  • 「中堅中小企業における内部統制―最低限のディフェンスの構築とCOSOを活用した全社的枠組みへの展開―」
  • 「日本的内部統制の研究~長寿企業の実証的研究を通して」<共著>
  • 一般社団法人企業研究会 主催 2021年2月4日開催
    COSO ERMフレームワーク-フレームワークのポイントと実務での活用

公認会計士・税理士 池田 陽介 (いけだ ようすけ)

主な経歴

  • 2005年日本大学経済学部卒業
  • 2005年税理士法人山田&パートナーズ入社
  • 2020年税理士法人山田&パートナーズ退職
    (最終役職:アドバイザリー業務部:副部長)
  • 2020年池田陽介公認会計士事務所及び&Gc税理士法人設立

業務内容

  • 上場会社、上場子会社の四半期ごとの税計算・税効果会計の計算、新規事業や特殊な事象(組織再編、M&A等)が生じた場合の会計・税務処理の検討等
  • IPO支援(IPOに向けた資本政策、会計・税務コンサル、開示資料作成サポート
  • 法人決算作業及び法人税等の申告作業
  • 経理責任者退職に伴う、連結財務諸表作成及び開示資料作成サポート
  • 内部統制整備コンサルティング
  • 決算の早期化に向けた財務部の体制整備を含む業務改善コンサルティング
  • M&Aにおける財務デューデリジェンス業務、バリュエーション業務、投資の判断等のスキーム全体に係るコンサルティング等
  • M&Aによる被買収会社等に対する財務を中心としたPMI業務
  • 事業計画等の作成コンサルティング
  • オーナーの事業対策及び相続税申告

 

税理士 松本 直樹 (まつもと なおき)

主な経歴

  • 1984年金沢大学法文学部卒業
  • 1984年太平洋証券(現在 三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社
    本社債券部にてディーラー、トレーダー、デリバティブ業務に従事
  • 1992年太平洋証券退職後、税理士事務所へ転職
  • 1997年税理士試験合格
  • 1999年松本直樹税理士事務所として独立開業
  • 2018年経営革新等支援機関認定
  • 2021年M&A支援機関登録

司法書士 小松 勇太 (こまつ ゆうた)

主な経歴

  • 2003年中央大学付属高校卒業
  • 2007年中央大学法学部卒業
  • 2009年司法書士試験合格
  • 2010年簡易訴訟代理関係認定考査合格
  • 2011年吉祥寺南司法書士事務所開業

中学校の時の担任の先生に「小松は法律家が向いていると思うよ」と言われたことがきっかけで、法学部が有名な大学に行こうと思い、その一番の近道と思われる高校への進学を決めました。振り返る度に、中学生の時から全く考え方が変わっていないのかなとちょっとだけ心配になります。

10年たってようやく目標へのスタートラインに立つことができました。これからは、昔から抱いていた理想の法律家像に向かってひたすら突き進みたいと思います。

こんな私ですが、温かく見守っていただければ幸いです。

不動産鑑定士 入村 匡哉 (にゅうむら まさや)

主な経歴

  • 新潟県立高田高等学校 卒業
  • 立命館大学経営学部 卒業
  • 不動産鑑定会社にて不動産鑑定評価業務に従事、その後、環境調査コンサルティング会社にて不動産鑑定評価業務(企画・営業も含む)及び周辺業務、不動産コンサルティング業務に従事後
  • 入村不動産鑑定 設立

役職等

  • 入村不動産鑑定 代表/専任不動産鑑定士
  • 国土交通省地価公示/東京都地価調査 鑑定評価員
  • 相続税路線価鑑定評価員(東京国税局)
  • 固定資産評価員(東京都主税局)

セミナー講演実績先

  • パナソニック株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 武蔵野法人会
  • 東京中小企業家同友会
  • 一般社団法人相続財産再鑑定協会
  • NPO法人相続アドバイザー協議会
  • 東京税理士会武蔵野支部
  • 東京都行政書士会武鷹支部 他多数
顧問

顧問 森信 茂樹(もりのぶ しげき)

主な経歴

  • 1973年京都大学法学部 卒業
  • 1973年大蔵省 入省
  • 1997年主税局総務課長
  • 2004年プリンストン大学客員講師・コロンビアロースクール客員研究員
  • 2005年財務省財務総合政策研究所長
  • 2006年中央大学法科大学院教授
  • 2009年一般社団法人ジャパン・タックス・インスティチュート理事長

著書・論文

  • 『税で日本はよみがえる』(日本経済新聞出版社、2015)
  • 『合同会社(LLC)とパススルー税制』(金融財政事情研究会、2013)<編著>
  • 『日本の税制 何が問題か』(岩波書店、2010)
  • 『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会、2007)

顧問 伊藤 健二(いとう けんじ)

主な経歴

  • 学校法人三幸学園 理事長特別補佐(戦略担当)
  • SANKOニューノーマルラーニングラボ・プロデューサ
  • 働き方改革研究センター・センター長

2006年度まで、みずほ情報総研の知識戦略ソリューション室のシニアマネージャとして、産官学連携による人材育成関連の調査研究・コンサルティングに従事。

元早稲田大学 自立的キャリア形成教育開発研究所 客員主任研究員
元慶應義塾大学院 政策・メディア研究科 特任准教授、元明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当)

政府では、内閣府、厚生労働省、最高裁判所等の8省庁の人材関連、エビデンス関連、第4次産業革命の基礎的ITリテラシー等の座長、委員、審査委員を歴任する。

民間では、AI/データサイエンス/5G/IT系、教育系、人材系、広告系企業のアドバイザーも務める。

1990年代から数百万人のデータを分析、サービス改善のコンサルを行い、半年で数十億円の新規利益を創出することを実現し、AI・ビッグデータ関連の投資家のサイトで紹介されている。
日本初の「インターネットにおける個人情報ガイドライン」を、OECDの7原則に基づき、業界団体として、各企業、弁護士と調整し、取り纏める。