佐藤光伸弁護士が渥美坂井法律事務所・外国法共同事業から移籍して、弊所にパートナーとして入所しました。

パートナー就任のご挨拶

 

拝啓 清秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、このたび、当事務所は、佐藤光伸弁護士を新たにパートナーとして迎えることと致しました。

 佐藤弁護士は、2008年12月の弁護士登録後、アンダーソン・毛利・友常法律事務所に入所致しました。その後、企業内弁護士及び大手法律事務所を経て、2017年10月当法律事務所に入所致しました。この間、金融庁総務企画局企業開示課に二度専門官として出向し、金融商品取引法及び関連する政府令の改正やコーポレートガバナンス・コード及びスチュワードシップ・コードの作成に関与した経験がございます。佐藤弁護士は、これまで、多数のキャピタル・マーケッツ、金融規制及びストラクチャード・ファイナンス案件を中心とした企業法務に従事し、幅広い分野の案件に取り組み、多数の成果を挙げて参りました。

 当事務所は、佐藤弁護士の参画により、今後ともより良い法的サービスをクライアントの皆様にご提供できますよう、一層努力致す所存でございます。

 何卒よろしくご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

2017年10月吉日

棚瀬法律事務所

弁護士 棚瀬孝雄

 

  

拝啓 清秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、私こと、本年10月1日より、当事務所のパートナーに就任致しました。

 2008年12月に弁護士登録以来、ファイナンス分野を主軸として、コンプライアンス、税務分野、労働分野、知的財産権分野等、幅広い分野において研鑽を積んで参りました。これもひとえに、ご縁のあった皆様からのご指導の賜物であり、心より御礼申し上げます。

 これまでの経験を活かしつつ、「誠実に事件の処理に当たる」という当事務所の共通理念の下、初心を忘れず、より一層クライアントの皆様のご期待に添えますように研鑽を重ねて参る所存でございます。

 今後とも、倍旧のご高配を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

謹白

2017年10月吉日

棚瀬法律事務所

弁護士 佐藤光伸

棚瀬法律事務所03-6205-7930
法務ノート インド法務 News letter
著書紹介 講演・セミナー紹介