2017.03.29更新

【日時】

平成29年4月12日(水)14:00~16:30

 

【場所】

産業貿易センタービル2階かながわグローバル・ビジネスセンター商談室

場所はこちら

 

【講師等】

棚瀬孝雄弁護士、米盛泰輔弁護士

 

【講演内容】

日系企業がインドに進出するにあたっては、単独での進出、買収(M&A)、

合弁(ジョイントベンチャー)による進出などいくつかのオプションがあります。

インドでの事業経験が豊かでない場合、インド企業との合弁企業を設立することは、

非常に有効な戦略と考えられます。合弁を進めるには、まずパートナーとなる企業

の評価・選定が重要ですが、インド企業と日系企業は異なる思惑をもって合弁企業

に参加すること、JV は永続的でないことなどを考慮し、両企業の最適な関与の在り

方を引き出すために、JV 設立前にできるだけ詳細に各種取り決めをしておかなくて

はなりません。

そこで今回は、インドの法規に精通し、数多くの日系企業の進出をサポートしてこら

れたお二人の弁護士から、具体的な契約条項等を踏まえて進出事例について解説して

いただきます。すでにインドでの合弁を検討しておられる企業様はもちろんのこと、

今後進出を検討している企業様にも大いに役立つ内容となっております。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

セミナー案内はこちら
 

投稿者: 棚瀬法律事務所

棚瀬法律事務所03-6205-7930
法務ノート インド法務 News letter
著書紹介 講演・セミナー紹介